インターネットの車査定サイトで…。

一括査定の申し込みをしたとしても必然的にそこに売却しなければならないという条件はないので、少々の時間だけで、所有する中古車の評価額の相場を知る事が可能なのは、はなはだ好都合です。中古車店が、独立して自分の会社のみで回している車買取査定のサイトを別として、世の中に知名度のある、ところを試してみるようにした方がよいでしょう。昨今はディーラーに車を下取りしてもらうよりも、ネットを活用して、下取りよりも高い値段で中古車を売ってしまういい方法があるのです。それは言うなれば、インターネットの中古車買取の一括査定サイトを使うことによって、利用料はかからないし、登録も2、3分あれば十分です。人により若干の違いはありますが、大方の人は中古車を売り払う時に、これから乗る新車の購入業者や、ご近所の中古車業者に元々ある車を持ち込みます。最高なのがオンライン車査定サイトです。こういうサービスをうまく活用することで、30秒もあればバリエーションに富んだお店の出してきた見積もりを対比してみることができます。かつまた大規模店の見積もりが十分に用意されています。中古車の下取り査定の際に、事故車の取り扱いを受けると、明らかに査定額に響いてきます。販売時も事故歴の有無が記載され、同じ車種、同じレベルの自動車よりも低価格で販売されるものです。中古車買取相場表そのものは、あなたの車を売却する時の予備資料と考えておいて、現実の問題として見積もりしてもらう場合には、相場に比べていい条件で売れる見込みを捨てないよう、気を配っておきましょう。次に欲しい車がもし存在するなら、いわゆる口コミや世間の評価といったものは分かった上で買いたいし、所有する車を少しなりとも高い値段で見積もりを出してもらう為には、ぜひとも理解しておいた方がよい情報です。総じて車査定というのは、相場額がおおよそ決まっているから、どこで査定に出そうが同レベルだろうと想像されているかと思います。あなたの愛車を売り払いたい季節によっては、高く売れる時とそうでない時があります。全体的に、人気車種は、一年を通して注文が見込めるので、相場価格が上下に大きく浮き沈みすることはないのですが、大半の車は季節により、相場金額が変動するのです。中古車一括査定に出したからといって常にその業者に売却しなければならない事はないも同然なので、少しの作業で、お手持ちの車の査定額の相場を知る事が出来たりもするので、いたく興味を引かれます。高額買取を希望しているのなら、相手のテリトリーに入る従来型の持込査定のメリット自体、さほどないと思われます。ひとえに、出張買取をお願いする前に、買取相場の価格は調査しておきましょう。車買取査定なんて、相場次第だから、どこの業者に頼んでも同等だろうと思っているのではないでしょうか。あなたの愛車を売却する時季にもよりますが、高額で売れる時とそうでない時があります。インターネットの車査定サイトで、最も実用的で引っ張りだこなのが、費用もかからずに、2、3の車買取店から取りまとめて、難なく所有する車の査定を照らし合わせてみる事ができるサイトです。インターネットの簡単中古車査定サイトは、中古自動車の買取業者たちが張り合って見積もる、という中古車を手放したい時にパーフェクトの状況が整えられています。この状況を個人で作るというのは、必ず難しいものと思います。ハーレー 査定したいなら。

イハツがガソリン車トップの燃費35.2km/L達成

ダイハツ工業は軽自動車「ミライース」を部分改良し、2014年7月9日に発売したと発表した。

ガソリン車トップとなる燃費35.2km/L(JC08モード)を達成したのが最大の特徴である。

価格は2WD(前輪駆動)車が76万6200~121万3700円、4WD(四輪駆動)車が101万8200~131万6500円(税込み)。

軽自動車って燃費が良いイメージがあるが実際街中を走るとそうでもなかったり。

でも、燃費35.2km/L(JC08モード)はすごい。

街中でも20km/Lは期待できそう。

最近ガソリン代も高いしね。

いいんじゃない。

自動車の処分をお考えのあなたへ、ぜひご覧下さい。

7月から奈良県で自動車保有関係手続のワンストップサービス開始

国土交通省は8日、今年7月1日から、奈良県で自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)を開始すると発表した。

OSSは、検査・登録、保管場所証明、自動車諸税の納税など自動車の保有に際して必要な多くの手続をオンラインで一括して行えるサービスで、現在岩手、群馬、茨城、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫の10都府県で稼働しており、奈良が加わると11都府県となる。

なお、先行的に4月1日から自販連奈良県支部の協力を得て、同支部会員販売店の社用車等一部の手続を対象に試行運用を行う。

試行運用への参加希望者は3月29日までに国土交通省自動車局自動車情報課(03-5253-8588)まで。

手続き、面倒だよね、何をとっても。
自分で名義変更をしたことあるけど、
カウンターのお姉さんも不親切でいやだったよ。

自動車保険に関わる手続き、引越しの際はご注意を

就職や転勤など、新生活をスタートさせる機会が多くなる季節。必然的に引越しシーズンとなり、役所で手続きをする人も多くなるが、加入している自動車保険に関わる手続きについては忘れがちな人も多いのでは? 住所や連絡先が変わると、車のナンバーが変わるケースもあり、きちんと申請しないと事故発生時に保険金を受け取れなくなることもあるため、注意が必要だ。

さくさく手続きできる自動車保険会社を探そう!

 転居によって住所が変わったら、15日以内にその住所の管轄地域内の運輸支局または自動車検査登録事務所で“変更登録”の申請を。必要な書類は、主に申請書・手数料納付書・発行後3ヶ月以内の住民票・自動車検査証(車検証)・印鑑・発行後おおむね1ヶ月以内の車庫証明だ。これまでと同一の管轄地域内における住所変更なら、手続きはこれのみとなるが、そうではない場合は、ナンバープレートの変更も必要になる。

 ソニー損保のWebサイトでも解説されているが、ナンバープレートを変更する際は、新しいものに付け替えて“封印”してもらうことになるため、自動車の持ち込みが必要。また、プレートを外すための工具も持参するとスムーズだ。事故発生時に保険金を受け取るためにも、変更登録後は自動車保険会社にナンバー変更の申請をすることも忘れないようにしよう。

そうだよ。住所変更するのと同じくらい重要なのが、車の保険!

万が一の事があってからでは遅いからな。

中古車情報サイト『車選び.com』がネット通販大手「Yahoo!ショッピング」で中古車車体販売をスタート!

中古車情報サイト『車選び.com( http://www.kurumaerabi.com/ )』(運営:株式会社ファブリカコミュニケーションズ、所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:谷口 政人)は、日本最大級のオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」と提携し、中古車をネット通販で安心して購入できる新たなサービスを2013年3月6日より開始いたしました。

『車選び.com』Yahoo!ショッピング内 ストアURL:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/kurumaerabi/index.html

『車選び.com』が厳選した高品質の中古車を、Yahoo!ショッピングでも購入いただけるようになることにより、ユーザーにとっても、また販売者にとっても、以下のような大きなメリットがあります。

【ユーザーメリット】
・正規ディーラーや大手中古車専業店など、全国の優良な店舗の中古車を中心に出品いたしますので、高品質な中古車をお買い物感覚で簡単に購入することができるようになります。

・販売店との煩わしい商談や交渉は、『車選び.com』の専任スタッフが代行いたします。保証内容や支払い条件など、お客様のご要望に沿うべく交渉しますので、手間なくご購入いただけます。もちろん現車確認や試乗をすることも可能ですので安心です。

・販売店との本契約(自動車売買契約)締結前であれば、いつでもキャンセルを受け付けます。また、納車した後に重大な瑕疵(盗難車や水没車、走行距離虚偽記載など)が発覚した場合は、一定期間内であれば無償にて返品ができますので、安心してご購入いただけます。

・現金振込はもちろん、全車自動車ローンを取り扱っていますので手軽にご購入いただけます。

【販売者メリット】
・従来の中古車販売では、販売店は販売実績の有無に関わらず、中古車情報誌や中古車検索サイトなどに多額の広告掲載料を支払わなければなりませんでした。今回Yahoo!ショッピングの中古車車体カテゴリーでは、従来のネット通販と同様、成功報酬型の課金体系を採用しておりますので、割高な広告コストを抑えることが可能となります。結果、ユーザーへのコスト転嫁を抑える効果が期待できます。

・今までにないネット通販という新しい中古車販売チャネルを採用することで、中古車に興味の無かった層にもリーチを拡げることが可能となり、販売機会の増加が期待できます。

・商談や交渉は『車選び.com』の専任スタッフを通して行いますので、説明不足によるユーザーとのトラブルが大幅に減少することが期待できます。

『車選び.com』では、これまで困難とされてきた中古車のネット通販サービスを[車体評価制度] [品質保証] [メンテナンス保証] [返品規定]などを更に充実させ、自宅に居ながらにして安心して中古車を購入できる仕組みを構築してまいります。

いよいよ、車もネットショッピングが普通の感覚になってきたのか?
自分だったら、まだちょっと不安だけどな。

小さくてかわいい!「ハイエースミニ」!? 堂々と登場!!

1BOXカーで人気NO.1といえば、トヨタ「ハイエース」だろう。今回の”大阪オートメッセ2013″には、その「ハイエース」を小さくしたような「エブリイ・エース」が多数出展されたので紹介しよう。

「エブリイ・エース」という名前から分かるようにスズキの軽1BOXカーの「エブリイ」をカスタマイズして製作されている。「ハイエース」や、「キャラバン」などの1BOXカー等のカスタマイズを手がける”ストーク”は、ギブソンブランドで「エブリイ」のパーツを販売している。

この「エブリイ・エース」は、ギブソンの他、Tスタイル、ハーテリー、アミックスの4社がコラボレーションして、エブリイ・エースプロジェクトとして、フロントバンパー、ボンネット、左右フェンダー、フロントグリルを共同開発したとのことだ。

これらのパーツは、単品でも買えるが、変換4点セットとして168,000円で販売されている。また、DEPO製の変換用クリスタルヘッドライト47,250円も装着されており、より「ハイエース」らしさを演出している。

ギブソンオリジナルパーツとしてはフロントハーフスポイラー38,850円、サイドステップ38,850円、リアバンパースポイラー42,000円、リアルーフスポイラー31,500円、オリジナルマフラー63,000円、フルLEDテールランプ39,900円などが用意されている。

先代「ハイエース」を想わせるベージュ系ゴールドとホワイトに塗り分けられた「エブリイ・エース」。これは軽自動車を中心にカスタマイズを手がける”エヌファクトリー”が手がけた車両だ。

先ほど紹介した「エブリイ・エース」変換4点セットに加えて、フロントバンパーガーニッシュ33,600円、ボンネットガーニッシュ18,900円、サイドスカート47,250円、リヤバンパー(ワゴン用)52,500円、車高調キット 99,750円、リア調整式ラテラルロッド21,000円などが装着されている。

つや消しブラックが渋い仕上がりの「エブリイ・エース」。この車両は軽カスタムカー販売専門店の”アミックス”が出品した一台だ。ちなみに、このつや消しブラックは、ボディラッピングで仕上げられている。

Amixアルカンターラ&レザー調シートカバーのほか、ステアリング&インパネの植毛加工、オAmixリジナルアルカンターラ調ルーフカバー、Amixオリジナルシートアンダーカバー、Amixフロアマット、Amixカーヴィンベットキットなどインテリアのカスタマイズが特長的だ。

ブラックのボディにメッキホイールが映える「エブリイ・エース」は、自動車部品の製造販売を手がける”ハーテリー”が出品した。この車両には、LS-LINEシリーズエアロ(フロントバンパーガーニッシュ、フロントグリル、アイライン、リアウイング、ボンネットスポイラー)などが装着され、小さいながらも存在感のある仕上がりとなっている。

軽自動車をフォルクスワーゲン「タイプ2」やGM「アストロ」など人気の車をモチーフにしたカスタマイズが定番であるが、この「ハイエース」をモチーフとした軽自動車が今後どの程度人気が出てくるのかは気になるところだ。

近年トヨタは、グループ企業のダイハツからOEMを受けて軽自動車を販売しているが、ダイハツの軽1BOX「ハイゼット」をベースに「ハイエースミニ」を開発し発売すれば案外受けるかもしれない。

 

ハイエースって・・・悪いけど商用車としか思えないよ。
カスタムしたらそれっぽくなるのかなあ。